hiro42のアイコン画像

オンライン操作のカードシャッフラー

hiro42 2021年05月16日に作成  (2021年05月16日に更新)

オンライン操作のカードシャッフラー

デモ動画

ここに動画が表示されます

概要

obnizボードを使用しWebから指定人数のボタンを押すとカードがシャッフルされ配布される。

用意したもの

組み立て

カードシャッフラーは本来モータを使い自作するつもりでしたが予想以上に情報がなくモータ数も工夫しなければモータドライバの数が足りません。そこでカードシャッフラーのモータを擬似的に1つとし速度はPWMで操作します。

カードシャッフラーを分解
正面 反対正面 反対正面中央
本体をバラしプラスとマイナスの線が引き出せるようにハンダで線を足します。
どんなふうに動くのか動作テスト https://youtu.be/2px3GmhkDZQ

ここに動画が表示されます

全体
少し手直しをしたのでだいぶ配線がスッキリしました。
サーボモータを使い人数分の首振りをさせたいので中央に穴を開けサーボモータに付属してた部品を100均で購入したグルーガンで固定します。
穴あけ サーボモータの道具固定

サーボモータの取り付け
トランプを排出するためにモータをつけます。回転の邪魔にならないように荒削りですが筐体を削りました。
排出モータの取り付け
トランプの排出にはEV3に付属しているタイヤを使用しました。このタイヤ選びが難しかった。ゴムタイヤって一般ではあまり市販されてないんですね...
タイヤ選び
サーボモータで左右に振れるときサーボモータの土台に重さがないと下のサーボモータが回ってしまうため、重たい粘土でサーボモータの土台を固めます。
土台を粘土で固める
これで完成です!
完成!

プログラム

プログラム
私はあまりWebプログラムを知らないので今回ブロックプログラムで作らせていただきました!

ちょっとした解説を画像に書き込みましたが、何故かこのプログラムだと2人目にカードを配布する際に配布モータが動きませんでした(´・ω・`)なんでだろう。2人目,3人目と少しずつ配布人数を増やしていくのには夢があります(^^)
本当は人数(max5人)で角度を出すつもりでしたがそこまで作り込めませんでした。次こそは挑戦したい..!!
プログラム解説-修正版

最後に

体調的問題もありギリギリの投稿になってしまいましたが一応形になりました。
組み込みやプログラミングをほとんどしないのでこうゆう形で楽しみながらコンテストに参加できてよかったです^^
ありがとうございました!とっても楽しいGWになりました!!

1
ログインしてコメントを投稿する