nichiconのアイコン画像
nichicon 2021年08月11日作成 (2021年12月07日更新)
セットアップや使用方法 セットアップや使用方法 閲覧数 2067
nichicon 2021年08月11日作成 (2021年12月07日更新) セットアップや使用方法 セットアップや使用方法 閲覧数 2067

ラズパイzeroは放熱が重要

ラズパイzeroは放熱が重要

Raspberry Pi zeroを使っていて放熱が重要だと気づいたのでまとめました。

放熱対策前のラズパイzero

基板(特にCPUの部分)が熱くなり、カーソルがカクカク動く状態でコンピュータとしては使えないと思っていました。

放熱対策後のラズパイzero

使っていてCPUが熱く、半導体の使い方として良くない状態だと思い放熱対策を施しました。
まず、写真のように真鍮板を表面積が大きくなるように2段重ねてCPUに貼りました。
しかし、これでは不十分で裏側が熱いのが気になりました。そこで、ラズパイ4のアルミケースに付属していた熱伝導シートをラズパイzero のCPUの裏側に貼り付け、その熱をステンレス板に逃がすことで放熱できました。
その結果、カーソルがカクカク動く事がなくなり、スムーズに操作できるようになりました。
Arduino IDEを使っても問題ありませんでした。
ブラウザが遅いのは変わりませんが、その他の動作はスムーズになり放熱の大切さを実感しました。
ある方から銅板の方が熱伝導性が良く、さらに放熱できるかもしれないと情報を頂きました。銅板を買ったら試してみたいと思います。

まとめ

Raspberry Pi zero の動作が遅くて困っていたら諦める前に一度放熱対策をしてみて下さい。
小さくてもそれなりに使えるコンピュータとして動いてくれます。

3
2
nichiconのアイコン画像
独学で電子工作とプログラミングをしている大学生です。PICやArduino、ESPなどを使っています。Twitter(@_electro_master)もやってます。作る際は自己責任でお願いします。
  • nichicon さんが 2021/08/11 に 編集 をしました。 (メッセージ: 初版)
  • Opening
    mipsparcのアイコン画像 mipsparc 2021/08/12

    Raspberry Pi Zeroをたくさん使っている者です。

    入力電源も激弱で小さなセラコンしかないので、消費電流の多いデバイスをつなぐと落ちてしまうことがあります。そこで、電解コンデンサを増設することで安定化しました。ご参考まで。

    nichiconのアイコン画像 nichicon 2021/08/13

    情報ありがとうございます。
    今はモバイルバッテリーでも問題なく動いていますが、問題が起きたら試してみます。

    1 件の返信が折りたたまれています
  • nichicon さんが 2021/12/07 に 編集 をしました。
ログインしてコメントを投稿する