uchanのアイコン画像

導電スポンジの抵抗値を測ってみた

uchan 2021年10月10日に作成  (2021年10月10日に更新)

導電スポンジの抵抗値を測ってみた

導電スポンジといえば静電気から IC を守るための黒いスポンジです。
部品屋さんで IC を買うとほぼこれに刺さっているので、小さい破片が貯まります。
いろいろな導電スポンジの抵抗値を比べてみました。

測定方法

導電スポンジの抵抗値の正しい測り方は分かりません。
今回は、約 1cm の間隔でテストリードを刺したときの抵抗値を測ってみました。
かなり適当な計測なので、参考程度にお願いします。

導電スポンジの抵抗値を測る様子

測定の様子を示します。図のようにスポンジを細く切って、1cm の間隔でテストリードを指します。抵抗値が安定したところで写真を撮りました。(もちろん、金属製の定規に触れないように置いてあります)

結果

手元にあった雑多な導電スポンジは数 100kΩ~数 MΩ の範囲で分散していました。
HOZAN の導電スポンジは 35kΩ 程度と、他の導電スポンジより低い抵抗値でした。

以下に結果一覧を示します。

品名 抵抗値
HOZAN ESD フォーム F-7 35kΩ
導電スポンジ A 0.28MΩ
導電スポンジ B 0.29MΩ
導電スポンジ C 0.50MΩ
導電スポンジ D 1.6MΩ

導電スポンジの抵抗値についてちょっと調べたら 帯電防止性と導電性 という記事が見つかりまた。

この記事によれば 10^5=0.1MΩ~1000MΩ は「静電気を緩やかに逃がす静電気拡散性」、0.1kΩ~0.1MΩ は「静電気を素早く逃がす導電性」だそうです。
したがって HOZAN F-7 は導電性、他の雑多な導電スポンジは静電気拡散性がある、と言えると思います。

IC を保護するという観点でどの程度の抵抗値が理想なのかはよく分かりませんが、この中だと HOZAN のスポンジが最も静電気を逃がしやすいのかなと思います。

1
uchanのアイコン画像
本業はプログラマですが、昔から電子工作は趣味でやってます。初めてのプログラミング言語はPICアセンブラです。 モジュールを買ってきて組み合わせるだけでなく、部品の動作原理をきちんと理解して回路を設計することに楽しさを感じます。 2021年より「uchanの電子工作ラボ」という施設を運営しています。はんだごてや測定器が使えます。 https://uchan.net/lab/ 2021年3月22日に「ゼロからのOS自作入門」を出版しました。Amazon→ https://amzn.to/2NP3FUj
  • uchan さんが 2021/10/10 に 編集 をしました。 (メッセージ: 初版)
ログインしてコメントを投稿する