2022年 SPRESENSE™ 活用コンテスト 」開催中!ローパワーでハイパフォーマンスなエッジコンピューティングを、あなたの手で活用してみませんか?

myaonのアイコン画像
myaon 2022年01月07日作成 (2022年01月08日更新)
製作品 製作品 閲覧数 1079
myaon 2022年01月07日作成 (2022年01月08日更新) 製作品 製作品 閲覧数 1079

M5StickCとBlynkで作るお手軽リモートカー

M5StickCとBlynkで作るお手軽リモートカー

概要
M5stickCとBlynkで作るM5リモートカー

  • 遠隔地から操縦できます
  • 前面にスマホを置いてビデオ通話できます

遠隔操縦の仕組み

動画

ここに動画が表示されます

構成部品 参考価格 参考リンク
M5StickC 2,816 円 https://www.switch-science.com/catalog/5517/
Groveケーブル 407 円 https://www.switch-science.com/catalog/6245/
タイヤ×2 110 円×2 https://www.switch-science.com/catalog/7493/
モーター×2 165 円×2 https://www.switch-science.com/catalog/7492/
キャスター×2 - -
モータードライバ - -
ユニバーサルプレート - -
電池ボックス - -
単3電池×2 - -
ジャンパー線 - -
M3ねじナット - -
両面テープ - -
Obniz版構成部品 参考価格 参考リンク
obniz Board 6,090 円 https://obniz.com/ja/products/obnizboard1y/
タイヤ×2 110 円×2 https://www.switch-science.com/catalog/7493/
モーター×2 165 円×2 https://www.switch-science.com/catalog/7492/
キャスター×2 - -
ユニバーサルプレート - -
M3ねじナット - -
両面テープ - -

製作手順

  1. M5StickCのArduino開発環境整備
  2. Blynkセットアップ
  3. 下記プログラム書き込み
  4. ハードウェア組立
  5. 動作確認・完成

プログラム

M5RemoteMotor

/************************************************************* Download latest Blynk library here: https://github.com/blynkkk/blynk-library/releases/latest Blynk is a platform with iOS and Android apps to control Arduino, Raspberry Pi and the likes over the Internet. You can easily build graphic interfaces for all your projects by simply dragging and dropping widgets. Downloads, docs, tutorials: http://www.blynk.cc Sketch generator: http://examples.blynk.cc Blynk community: http://community.blynk.cc Follow us: http://www.fb.com/blynkapp http://twitter.com/blynk_app Blynk library is licensed under MIT license This example code is in public domain. ************************************************************* This example runs directly on ESP32 chip. Note: This requires ESP32 support package: https://github.com/espressif/arduino-esp32 Please be sure to select the right ESP32 module in the Tools -> Board menu! Change WiFi ssid, pass, and Blynk auth token to run :) Feel free to apply it to any other example. It's simple! *************************************************************/ /* Comment this out to disable prints and save space */ #define BLYNK_PRINT Serial /* Fill-in your Template ID (only if using Blynk.Cloud) */ #define BLYNK_TEMPLATE_ID "YourTemplateID" #include <WiFi.h> #include <WiFiClient.h> #include <BlynkSimpleEsp32.h> #include <M5StickC.h> //追加部分 // You should get Auth Token in the Blynk App. // Go to the Project Settings (nut icon). char auth[] = "YourAuthToken"; // Your WiFi credentials. // Set password to "" for open networks. char ssid[] = "YourNetworkName"; char pass[] = "YourPassword"; void setup() { M5.begin(); //追加部分 M5.Lcd.println("Blynk"); //追加部分 M5.Lcd.print("M5RemoteMotor"); //追加部分 pinMode(GPIO_NUM_26, OUTPUT); //追加部分 pinMode(GPIO_NUM_0 , OUTPUT); //追加部分 pinMode(GPIO_NUM_32, OUTPUT); //追加部分 pinMode(GPIO_NUM_33, OUTPUT); //追加部分 digitalWrite(GPIO_NUM_26, HIGH); //追加部分 digitalWrite(GPIO_NUM_0 , HIGH); //追加部分 digitalWrite(GPIO_NUM_32, HIGH); //追加部分 digitalWrite(GPIO_NUM_33, HIGH); //追加部分 // Debug console Serial.begin(9600); Blynk.begin(auth, ssid, pass); } void loop() { Blynk.run(); } //追加部分 BLYNK_WRITE(V0) { int16_t LED = param[0].asInt(); if(LED == 0){ l_brake(); } if(LED == 1){ l_front(); } } BLYNK_WRITE(V1) { int16_t LED = param[0].asInt(); if(LED == 0){ r_brake(); } if(LED == 1){ r_front(); } } BLYNK_WRITE(V2) { int16_t LED = param[0].asInt(); if(LED == 0){ l_brake(); } if(LED == 1){ l_back(); } } BLYNK_WRITE(V3) { int16_t LED = param[0].asInt(); if(LED == 0){ r_brake(); } if(LED == 1){ r_back(); } } void l_front(){ digitalWrite(GPIO_NUM_26, HIGH); digitalWrite(GPIO_NUM_0 , LOW); } void r_front(){ digitalWrite(GPIO_NUM_32, HIGH); digitalWrite(GPIO_NUM_33, LOW); } void l_back(){ digitalWrite(GPIO_NUM_26, LOW); digitalWrite(GPIO_NUM_0 , HIGH); } void r_back(){ digitalWrite(GPIO_NUM_32, LOW); digitalWrite(GPIO_NUM_33, HIGH); } void l_brake(){ digitalWrite(GPIO_NUM_26, HIGH); digitalWrite(GPIO_NUM_0 , HIGH); } void r_brake(){ digitalWrite(GPIO_NUM_32, HIGH); digitalWrite(GPIO_NUM_33, HIGH); }

参考文献

参考画像
キャプションを入力できます

myaonのアイコン画像
山口の高専専攻科 3Dプリント/VR/IoT トビタテ12期 卓球/ロボコン ひきこもり衆∞ 観測者/Vket5/cluster住民 ひきこもりで生きていくためのものつくる
  • myaon さんが 2022/01/07 に 編集 をしました。 (メッセージ: 初版)
  • myaon さんが 2022/01/07 に 編集 をしました。
  • myaon さんが 2022/01/07 に 編集 をしました。 (メッセージ: 主要部品価格追加)
  • myaon さんが 2022/01/08 に 編集 をしました。 (メッセージ: システム構成図追加)
  • myaon さんが 2022/01/08 に 編集 をしました。 (メッセージ: obniz版構成部品追加)
ログインしてコメントを投稿する