2022年 SPRESENSE™ 活用コンテスト 」開催中!ローパワーでハイパフォーマンスなエッジコンピューティングを、あなたの手で活用してみませんか?

mtyk1tのアイコン画像
mtyk1t 2019年12月07日作成 (2021年12月07日更新) © CC BY-SA 4+
セットアップや使用方法 セットアップや使用方法 閲覧数 1768
mtyk1t 2019年12月07日作成 (2021年12月07日更新) © CC BY-SA 4+ セットアップや使用方法 セットアップや使用方法 閲覧数 1768

ブレッドボード・ユニバーサル基板で使うジャンパー線を自作する

ブレッドボードで工作をしていると、ジャンパー線をたくさん使いますが、その中でも特に300milと400milの物をよく使うので足りなくなってきます。
300mil, 400mil とは、写真のように2.54mm×3, 4 間隔のことで、
300-400.jpg
ブレッドボードの電源レーンと部品レーンをつなぐのに使うため、たくさん必要になります。
ブレッドボード1.jpg
短いものなら抵抗の足などを流用するのですが、400milになると微妙に長さが足りません。
なので自分で作ってしまいましょう。

用意するものは、

  • 0.6mm スズメッキ線
  • どこのご家庭にもあるユニバーサル基板
  • ニッパーまたはラジオペンチ

まず、ユニバーサル基板に既にあるジャンパー線を差し込み、内側に少し曲げます。
曲げる意味は、基板に固定するのと、線を周りに沿わせるために長さを補正するためです。
1.jpg
次に 0.6mm スズメッキ線を、差し込んだ線の周りに沿ってコの字に曲げます。
2.jpg
3.jpg
ニッパーやラジオペンチで、足の長さが7~8mmになるように切り、ペンチで形を整えます。
4.jpg
こんな風に使えます。
ブレッドボード2.jpg
ジャンパー線はブレッドボードに限らず、ユニバーサル基板を使った工作にも使えますので、作り方を覚えておくときっと役に立つでしょう。

1
2
6
mtyk1tのアイコン画像
ツイッターでミタ式アンプと名乗っております https://twitter.com/mtyk1t
ログインしてコメントを投稿する