chrmlinux03のアイコン画像
chrmlinux03 2024年01月26日作成 (2024年02月29日更新)
製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 148
chrmlinux03 2024年01月26日作成 (2024年02月29日更新) 製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 148

【SPRESENSE2023】LoRaのライブラリを使いやすくしたよっ

【SPRESENSE2023】LoRaのライブラリを使いやすくしたよっ

はじめに

こんにちわっ

リナちゃん X@chrmlinux03 です

このページは SPRESENSE2023コンテストで作った部品を紹介するものです
最初に 開発まとめ をお読みいただければ幸いです

用意するもの

LoRaモジュールは2個以上無いと動きません
SPRESENSE 本体も2個必要です

部品名 販売先 価格 御提供品
LoRa Add-onボードx2 スイッチサイエンス 4,950円x2

出典:https://www.switch-science.com/products/8958

念願のLoRaボードが到着した

到着した LoRa 基板に発売元のライブラリを入れて見るがさっぱり動きません

どうやら 何か間違っている風

さっそく解析を行い あとから困る方々にお知らせを行う

👉LoRaE220_900T22S_JPのサンプルが間違ってたので修正したよっ

でもそれだけでは終わらない

もっと使いやすく 他でも応用が利くものを٩(ˊᗜˋ*)و

ん?recvで while(1) {} してる?

どうやら LORA_NORMAL_MODE で待機している LoRa モジュールのライブラリの中で

recv 部分で while(1){} で回っている部分を発見

どうやって抜けるのかと言う素敵なsampleだった💦

ぢゃ作ろうか

tinyLoRa.hpp

// tinyLoRa.hpp #ifndef __TINYLORA_HPP__ #define __TINYLORA_HPP__ #include <Arduino.h> #include <spresense_e220900t22s_jp_lib.h> enum { LORA_NORMAL_MODE = 0, LORA_WOR_SEND_MODE, LORA_WOR_RECV_MODE }; #define SENDBUFLEN_MAX (200 - 3) class tinyLoRa { public: tinyLoRa() { sendFlag = false; recvFlag = false; sendBufLen = SENDBUFLEN_MAX; sendBuf = new uint8_t[sendBufLen]; defMode = LORA_NORMAL_MODE; LoRaConfig = { 0x0000, // own_address 0 0b011, // baud_rate 9600 bps 0b10000, // air_data_rate SF:9 BW:125 0b00, // subpacket_size 200 0b1, // rssi_ambient_noise_flag 有効 0b0, // transmission_pause_flag 有効 0b01, // transmitting_power 13 dBm 0x00, // own_channel 0 0b1, // rssi_byte_flag 有効 0b1, // transmission_method_type 固定送信モード 0b0, // lbt_flag 有効 // 0b011, // wor_cycle 2000 ms 0b000, // wor_cycle 500 ms 0x0000, // encryption_key 0 0x0000, // target_address 0 0x00 // target_channel 0 }; } ~tinyLoRa() { delete[] sendBuf; } int16_t switchMode(int16_t mode) { int16_t result = 0; char message[64] = {0}; switch (mode) { case LORA_NORMAL_MODE: strcpy(message, "normal mode"); lora.SwitchToNormalMode(); break; case LORA_WOR_SEND_MODE: strcpy(message, "wor send mode"); lora.SwitchToWORSendingMode(); break; case LORA_WOR_RECV_MODE: strcpy(message, "wor recv mode"); lora.SwitchToWORReceivingMode(); break; } if (debugPrint) Serial.printf("Switch To %s\n", message); return result; } bool getSendFlag(void) { return sendFlag; } bool getRecvFlag(void) { return recvFlag; } static void setSendFlag(void) { sendFlag = true; } bool setDebugPrint(bool newDebugPrint) { debugPrint = newDebugPrint; return debugPrint; } void setRecvFlag(void) { if (SerialLoRa.available()) { recvFlag = true; } } void dump(uint8_t *buffer, int16_t bufferSize) { Serial.printf("Addr +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F\n"); Serial.printf("------------------------------------------------------\n"); for (int i = 0; i < bufferSize; i += 16) { Serial.printf("%04X ", i); for (int j = 0; j < 16 && i + j < bufferSize; j++) { Serial.printf("%02X ", buffer[i + j]); } for (int j = 0; j < 16 - min(16, bufferSize - i); j++) { Serial.print(" "); } Serial.print(" "); for (int j = 0; j < 16 && i + j < bufferSize; j++) { char c = (char)(buffer[i + j]); Serial.print((c >= 0x20 && c <= 0x7E) ? c : '.'); } Serial.println(); } } int16_t setupLoRa(int16_t mode) { int16_t rtn = 0; if (lora.InitLoRaModule(LoRaConfig)) { if (debugPrint) Serial.printf("init error\n"); rtn = -1; } else { if (debugPrint) Serial.printf("init ok\n"); } switchMode(mode); sendBuf = new uint8_t [sendBufLen]; if (!sendBuf) { Serial.printf("can't alloc sendBuf\n"); rtn = -1; } return rtn; } int16_t getSendBufLen(void) { return sendBufLen; } int16_t setSendData(uint8_t *buf, int16_t bufLen) { int16_t rtn = 0; memcpy(sendBuf, buf, bufLen); sendBufLen = bufLen; return rtn; } int16_t getRecvData(uint8_t *buf, int16_t *bufLen, int16_t *rssi) { int16_t rtn = 0; memcpy(buf, LoRaData.recv_data, LoRaData.recv_data_len); *bufLen = LoRaData.recv_data_len; *rssi = LoRaData.rssi; return rtn; } int16_t sendData(void) { int16_t rtn = 0; if (sendFlag) { if (debugPrint) Serial.printf("=> sendData\n"); switchMode(LORA_WOR_SEND_MODE); if (lora.SendFrame(LoRaConfig, sendBuf, sendBufLen) == 0) { if (debugPrint) { dump(sendBuf, sendBufLen); Serial.printf("send succeeded.\n"); } rtn = sendBufLen; } else { if (debugPrint) { Serial.printf("send failed.\n"); } } switchMode(defMode); sendFlag = false; } return rtn; } int16_t recvData(void) { int16_t rtn = 0; setRecvFlag(); if (recvFlag) { if (debugPrint) Serial.printf("<= receiveData\n"); if (lora.RecieveFrame(&LoRaData) == 0) { if (debugPrint) { Serial.printf("dataLen:%d RSSI:%d\n", LoRaData.recv_data_len, LoRaData.rssi); dump(LoRaData.recv_data, LoRaData.recv_data_len); } Serial.flush(); rtn = LoRaData.recv_data_len; recvFlag = false; } } return rtn; } private: CLoRa lora; static bool sendFlag; bool recvFlag = false; uint8_t sendBufLen; uint8_t *sendBuf; uint8_t defMode; bool debugPrint = false; struct RecvFrameE220900T22SJP_t LoRaData; struct LoRaConfigItem_t LoRaConfig; }; bool tinyLoRa::sendFlag = false; #endif

そのあたりを強化したのがこれ

recvFlag / sendFlag を設け

それが true になって居なければ recv は内部で行わないようにした

内部的に 自動で AUX(D21) を参照しているようで

recv はこれで完全動作するようになった

また sendFlag を true にする前に データをセットし true になった瞬間に

自動的に データは送信されます

基本的な構造は元のライブラリを取り込んでいるので

他のLoRaモジュールでも AUX が正常に動作するのであれば動くのかなぁと...

応用例

このモジュール群は以下で使ってます是非ご参照くださいませ٩(ˊᗜˋ*)و

LoRaPager(LoRaを使った簡易メッセンジャーBox)

👉LoRaPager

キャプションを入力できます

残務と今後の考察

LoRa は初めて使ったのですが

私の家はもともと核シェルターがごとく電波が悪く

やっとWiFi以外で使える電波が来て嬉しい限りです

このライブラリでまた何か製作したいと考えております

さいごに

秋月から着弾したのと

全部で5枚ありますので

本業にも役立てたいと思います

ご清聴ありがとうございました

このページは SPRESENSE2023コンテストで作った部品を紹介するものです
最初に 開発まとめ をお読みいただければ幸いです

chrmlinux03のアイコン画像
今は現場大好きセンサ屋さん C/php/SQLしか書きません https://arduinolibraries.info/authors/chrmlinux https://github.com/chrmlinux #リナちゃん食堂 店主 #シン・プログラマ
ログインしてコメントを投稿する