Pinus0079のアイコン画像
Pinus0079 2022年04月11日作成 © MIT
製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 3284
Pinus0079 2022年04月11日作成 © MIT 製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 3284

STM32L010F4P6を使ってみた

STM32L010F4P6を使ってみた

STM32L010F4P6

最近半導体不足でマイコンが高騰したり、そもそも手に入らず困っています。自分はよく秋月電子で販売されているSTM32F303を使っていますが、最近ですと在庫なし状態が続いています。
そこで今回は秋月電子で販売されているもう一つのSTM32マイコンである、STM32L010F4P6を使ってみました。STM32F303に比べて性能は劣りますが1つ95円(2022/4/10現在)で販売されていてお財布に優しいです。

回路

STM32L010F4P6を動かすための最低限の周辺回路を、KiCadで作りました。STLinkを使ってSWDで書き込みます。
キャプションを入力できます

出来上がった基板

基板はJLCPCBに発注し作製しました。
キャプションを入力できます

動作確認 Lチカ

最初にST-LINK Utilityで動作チェックしました。
作った基板をSTLink経由でPCに繋げた後、ST-LINK Utilityで接続アイコンを押し、基板のリセットボタンを押します。
キャプションを入力できます

無事マイコンのメモリが読み込めました。ちゃんと通信が出来ているようです。
キャプションを入力できます

次に定番のLチカを行いました。(下の画像はGIFです。クリックすれば動作が見れると思います。)
プログラムはCubeIDEで作成し書き込みました。
キャプションを入力できます

最後に

今後はSTM32L010F4P6を使って行きたいですね。
最大クロックは32MHzでメモリも16kBありそこそこの性能があるので、使いどころはいろいろありそうです。
余談ですが、elchikaに動画を載せようと思うとyoutubeにアップロードしたURLを貼る必要がありますが、GIFだとそのまま載せられるみたいです。

1
Pinus0079のアイコン画像
Arduino、ESP32でよく工作しています。最近はSTM32に手を出し、HALライブラリを勉強中です。
  • Pinus0079 さんが 2022/04/11 に 編集 をしました。 (メッセージ: 初版)
  • Opening
    Kazekaoruのアイコン画像 Kazekaoru 2023/12/06

    突然のご連絡失礼いたします。
    PCBGOGOマーケティング部門の葉と申します。

    宣伝協力のことに関しまして、
    一度ご相談させて頂けませんでしょうか。

    ご興味がおありであれば、一度ご連絡をいただけますでしょうか。

    ご多用の折恐れ入りますが、ぜひご検討くださいますよう
    お願い申し上げます。
    メール:service10@pcbgogo.jp

    0 件の返信が折りたたまれています
ログインしてコメントを投稿する