2022年 SPRESENSE™ 活用コンテスト 」開催中!ローパワーでハイパフォーマンスなエッジコンピューティングを、あなたの手で活用してみませんか?

LEGOTAROのアイコン画像
LEGOTARO 2021年04月29日作成
製作品 製作品 閲覧数 659
LEGOTARO 2021年04月29日作成 製作品 製作品 閲覧数 659

obnizとM5stick-Cを連携させクローラーカーを作る(初心者必見!)

obnizとM5stick-Cを連携させクローラーカーを作る(初心者必見!)

実際の動き(デモ動画)

ここに動画が表示されます

M5stick-Cを前に傾けると前に進み、後ろに傾けると後ろに進み、
右に傾けると右に曲がり、左に傾けると左に曲がるクローラーカーを作りました。
作り方を説明します。

材料(必要なもの)

・obniz      (自分はobniz1Yでやりました)
・M5stick-C    (obnizOSが入っているもの)
・タミヤ 楽しい工作シリーズ No.168 ダブルギヤボックス(左右独立4速タイプ) [70168]
(ギア比はどれでも可能です。自分は114.7:1を使用)
・楽しい工作シリーズ(パーツ) No.157ユニバーサルプレート (2枚セット)
・タミヤ 楽しい工作シリーズ トラック&ホイールセット [70100]
・ジャンパーコード4本

作り方

まずは、ユニバーサルプレートをニッパーで切ります。
ユニバーサルプレートを切る
切れたらタイヤを付ける部分をプレートに固定します。
プレートに固定する
この時に穴の数を数え間違えないようにしてください。

つぎに、ギアボックスを組み立ててください。
モーターとジャンパーコードもはんだ付けしてください。
そしてプレートに固定します


このように、ギアボックスを固定します。
そうしたら、タイヤをつけていきます。



それができたらキャタピラをつけ、obnizをのせて完成です。

配線です。
ほかの線と線が触れるとショートするので気を付けてください。

1つ目のモーターを0と1ピンに接続し、2つ目のモーターを2と11ピンに接続します。
これで完成です!!

プログラム



上の写真と下の写真は繋がっています。

難しかったこと、大変だったこと

M5stick-CにobnizOSをインストールするのがとても大変でした。
そして2つのobnizデバイスを1つのブロックプログラム上で動かすのが大変でした。
全部、ブロックプログラムでやるのが一番大変だったことです。(自分がテキストプログラムができないため(笑))

感想

obnizは、とても扱いやすく楽しく、簡単に操作できてとても良かったです。
まだまだ、やれていないこともあるので、もっとやっていこうと思います。

LEGOTAROのアイコン画像
こんにちは。電子工作が好きな中学生です。分からないことは、CoderDojoのメンターさんやお父さんに協力してもらって、作っています。よろしくお願いします。
ログインしてコメントを投稿する