2022年 SPRESENSE™ 活用コンテスト 」の応募受付は終了しました。結果発表まで今しばらくお待ちください。

yone2のアイコン画像
yone2 2021年01月30日作成 (2021年02月27日更新)
製作品 製作品 閲覧数 802
yone2 2021年01月30日作成 (2021年02月27日更新) 製作品 製作品 閲覧数 802

気圧センサー「あらいぐまパスカル」

気圧センサー「あらいぐまパスカル」

制作の背景

気圧によって体調が悪くなる…となんとなく思っているのですが、気圧計って結構値段が高いんですよね。
そんなわけで自作してみました。

必要な機材

下記の機材を使いました。

接続

それぞれI2Cで接続します。温湿度・気圧センサにPullUp抵抗が入っているので、別途抵抗を付ける必要はありません。
キャプションを入力できます

温湿度・気圧センサ(BME280)とLCDを組み合わせ、動作を確認する

Mbed OS2上でプログラムを作成します。

#include "mbed.h"
#include "USBSerial.h"
#include "BME280.h"
#include "I2C_LCD.h"
 
USBSerial serial; // 9600 bps
DigitalOut led(LED1);
BME280 sensor(P0_5, P0_4);
I2C i2c(P0_5, P0_4);

int main() {
    led=1;
    // LCD init
    lcd_init();
    contrast = 22;
    setContrast(contrast);
    
    while(1) {
        sprintf(str1, "%4.2f", sensor.getPressure());
        lcd_setCursor(0, 0);
        lcd_printStr(str1);
        lcd_setCursor(0,1);
        lcd_printStr(".    hPa");
        serial.printf("%2.2f degC, %04.2f hPa, %2.2f %%\n", sensor.getTemperature(), sensor.getPressure(), sensor.getHumidity());
        wait(0.5);
        lcd_setCursor(0,1);
        lcd_printStr("     hPa");
        wait(0.5);
    }
}

筐体に入れて完成

筐体はアクリルケースに入れました。コネクタ部分はやすりで削り、Airio-BaseのUSBコネクタが刺さるようにしました。
キャプションを入力できます

ログインしてコメントを投稿する