chrmlinux03のアイコン画像
chrmlinux03 2024年01月26日作成 (2024年02月29日更新) © MIT
製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 273
chrmlinux03 2024年01月26日作成 (2024年02月29日更新) © MIT 製作品 製作品 Lチカ Lチカ 閲覧数 273

【SPRESENSE2023】SoundSerenityを作ったよっ【環境音を8Trackで】

【SPRESENSE2023】SoundSerenityを作ったよっ【環境音を8Trackで】

はじめに

こんにちわっ

リナちゃん X@chrmlinux03 です

このページは SPRESENSE2023コンテストで作った製品を紹介するものです
最初に 開発まとめ をお読みいただければ幸いです

ベッドに入って眠れない日々があった

TVを付けて寝てしまう事も多々あり

でも静かな曲を聴きながら寝入る事もある

って言うかガッツリ寝てるぢゃん💦

フェーダー状のポテンショメータとの出会い

お仕事(センサ屋)でミキサー卓のようなポテンショメータを貰った 👉ポテンショメータ

「おおっ」これは沢山あればミキサーっぽいのが創れる

で、あればこれを複数まとめれば沢山の音がならせるぢゃん💕

液晶でフェーダー出せるぢゃん

バーチャルフェーダー参
数日後 液晶でフェーダーを作る事に成功 👉タッチパネルにバーチャルフェーダーを載せたよ

今までの苦労は何だったのだろうか。。。。

まぁ他にも作りたいものはあるし(と言う現実逃避発動:逃げ)👉tinyMixer

さまざまな制約








シン・プログラマだからなんとかする

Audio DSP はステレオ x 2(4Track)までの制約

前回のコンテストからAudioについてしばらく考えた事がある

  • どうやって音がなるのか?(まずはそこから💦

  • 一体何音まで同時出力出来るのか?

  • ミキサー構造は一体どうなっているのか?

  • Audio0 / Audio1 って何?💦

何もわからないまま無駄に時間だけが経過する

何もわからないまま無駄に sample.ino だけが SSD を圧迫する

ある日突然 自分の理論で音が鳴った

全てはここから始まった

記念すべき日

何かを決意した

ヒントはここにあった


用意するもの

部品名 販売先 価格 御提供品
根性 誰にでも プライスレス

ライブラリ等

何故これで音がなるか?に関しては以下を参照

👉AudioDSPを絶妙にハックしたよ【実践編】

筐体

最初に軽く打ち出し穴位置を修正

4回くらいの設計変更

LEDリングも搭載

LEDリング

組み立て

スピーカー

仕込む

バッテリ内蔵

LEDリング

ネジで止める

コード

//==============================================
//
//  soundSerenity.ino
//----------------------------------------------
//  date/author   : 2024/01/20  @chrmlinux03
//  update/author : 2024/01/28  @chrmlinux03
//
//==============================================
#define PLAYING_FILENAME "044K816.soundSerenity.raw"
const uint8_t numTracks = PLAYING_FILENAME[4] - '0';


#include <spreTools.hpp>
#include <spreAudioLib.hpp>
#include <spreGraphics.hpp>
#include <tinyTouch.hpp>
#include <tinySlider.hpp>
tinySlider sliders[numTracks];
#include <spreSliderSub.hpp>
#include <spreNeo.hpp>
SpreNeo neo;

//==============================================
//
//  setup
//
//==============================================
void setup(void) {
  Serial.begin( 115200 );

  int8_t rotation = ROT270;
  setupGraphics(rotation);
  setupTouch(_w, _h, rotation, false);
  debugAudio = false;
  setupAudio(AUDIO, CLOCK_NORMAL);
  addFile(PLAYING_FILENAME);

  setupSliders(numTracks, _w, _h - 24, 180, 6, 0);

  neo.begin();
  neo.set(LEDKIND_BRESS, 255, 255, 255, 64);
  neo.start();
  setupPlayer(AUDIO0);
  //  setupPlayer(AUDIO1);
}

//==============================================
//
//  loop
//
//==============================================
void loop() {
  neo.update();
  loopPlayer(AUDIO0);
  //  loopPlayer(AUDIO1);

  spr.startWrite();
  spr.clear(TFT_DARKSILVER);

  int tx, ty, tz;
  bool touched = isTouch(&tx, &ty, &tz);
  if (touched) {
    scanSliders();
    readSliders();
  }
  updateSliders();

  static int cnt = 0;
  char ast[4] = "|/-\\";
  spr.setTextColor(TFT_WHITE, TFT_BLACK);
  spr.setCursor(8, 8);
  spr.printf("[%c] %3d fps\n", ast[cnt], getfps());
  cnt = (cnt + 1) % 4;

  spr.pushSprite(&lcd, 0, 0);
  spr.endWrite();
}

動かしてみた

残務と今後の考察

現在 Audio0 のみを使用しているので 8Track

これは Audio1 を使えば 16Track は行けるのではないか?

って言うかそこまでいるのかという話である

さいごに

ご清聴ありがとうございました

まぢでライブラリが出来るまでが長かった💦

このページは SPRESENSE2023コンテストで作った製品を紹介するものです
最初に 開発まとめ をお読みいただければ幸いです

chrmlinux03のアイコン画像
今は現場大好きセンサ屋さん C/php/SQLしか書きません https://arduinolibraries.info/authors/chrmlinux https://github.com/chrmlinux #リナちゃん食堂 店主 #シン・プログラマ
ログインしてコメントを投稿する